A
仕事帰りにスーツのままでの参加も約50%。
ネクタイを変えるなどでパーティ仕様に。
B
スーツは体系に合ったものを。
ウエストライン(ベルト)を中心にして、
その上にあるボタンは留め、その下は止めずに
スーツにしわを出さないのが原則です。
ぶかぶかやキツキツも避けましょう。
特にボタンが引っ張られている等はマイナスに。
C
近年ゴージライン(鎖骨下に来る、襟の繋ぎ目)が
高目のものが流行りですが、流行に惑わされず
自分に合ったゴージラインのものを。
表情豊かといわれるなら高めで急角度、
穏やかな雰囲気で勝負なら少し低目の位置で
落ち着いた角度のラインが良く映えます。
D
バッグやペンなどの小物にも女性の目は敏感。
ここはスーツに合うものを。